男女
  1. ホーム
  2. こんなに沢山ある

こんなに沢山ある

病室

基本的な治療

肺がんや胃がん、乳がん、肝臓がん、胆のうがん等は、日本人がかかりやすい病です。一度がん細胞が暴れると、それを食い止めるためあらゆる治療を施さないといけません。基本的な治療といえば外科治療と抗がん剤治療、放射線治療の三つになります。しかし近年はこれらの治療以外に第四のがん治療といわれる免疫治療が新たに加わり、人間が最初から持っている治癒力で治すのが目的になっています。他にも補完医療の一つである健康食品やサプリメントの服用等もがん治療に必要で、これらの基本的な治療症状に合わせながら治療を進めていきます。手術は、がんそのものを除去するのでより早く改善へ向かわせることができます。どのがんにも適用されるので今でも根強く使用されています。薬物療法は代謝に関連する薬やアルキル化剤、抗がん性抗生物質を使ってがんを効果的に小さくしていくものです。延命目的なら喉頭がんや食道がん、乳がん、大腸がん等幅広い病に使用されています。

免疫を上げて治す

がん治療はとても負担が大きく、耐えきれなくなった患者は途中で投げ出したくなる程辛いと語ります。抗がん剤の副作用は体の免疫力が一気に落ちたり強い吐き気を催したりすることがあります。髪の毛がだんだんなくなり、最終的にはかつらをつけて過ごすことになります。一部では抗がん剤治療でがんをひどくしているという話もありますが実際のところまだはっきりとしていません。また薬物療法を活用せず、免疫力を上げる治療があるのでそれを使った治療を率先して行なう病院もあります。免疫治療だと自分自信の免疫機能が活発になるため、その力でがんを小さくする事もできます。種類は細胞免疫療法、ワクチン療法、遺伝子治療等があり実際に受けた結果本当にがん細胞が小さくなったという例もあります。この方法はがん治療に一筋の光を与えるものになるでしょう。